お申し込みはこちら

PINOKIOO ピノキオ

why

会社案内パンフレットの役割とは

会社案内は会社に何をもたらすか。

企業価値を高め、統一されたメッセージを発信する媒体

会社が外部に対して、この会社がどういう会社であるかを伝えるシーンは企業活動が行われていれば必ず存在します。

新規顧客への会社説明、仕入れ先への会社案内、対金融機関や投資家、採用活動における学生や中途採用希望者に対して、従業員やその家族に対して、地域社会や行政機関に対してなど。多くのシーンが想定されるのではないでしょうか。

それぞれのシーンにおいて、伝えたいことは様々でしょう。会社の信頼性・安定性・成長性、事業やサービス・製品の特性、会社の歴史や経営者の考え・理念など。これらを会社としてブレることなく、統一のメッセージを出していく拠り所が会社案内ではないでしょうか。

それぞれの外部関係者に正しく伝えるべき事が伝わることが、会社の信頼感、コーポレートブランディングにつながり、企業価値を向上させ、またサービスや製品の採用といった営業活動での結果につながっていきます。

自社における会社案内の位置づけ、役割を明確にし、どのように使っていくかを含め戦略的な設計・制作、利用をすることで会社案内は会社に大きなリターンをもたらします。

WEBサイトは会社案内パンフレットの代用になる?

ほとんどの会社が自社のWEBサイトを持つ時代に存在する会社案内パンフレットの価値・意義とは何でしょうか? そもそもWEBサイトと会社案内パンフレットは、それぞれ利用されるシーンと役割が異なります

WEBサイト 会社案内パンフレット
主な役割 多くの情報量と多様なWEB表現によって、より深い詳しい情報を閲覧者に伝える。 限られた短い時間の中で、閲覧者が必要とする情報、会社が伝えたい情報をコンパクトに伝え、あらゆるビジネスシーンでのきっかけづくりをする。
情報量
情報の一覧性
情報量が多く、深い理解をするためには最適であるが、情報が分散されているため、概要把握には多数のページ・コンテンツを見る必要があり、短時間でエッセンスを掴みにくい。 限られたページ数にその企業が伝えたい情報がコンパクトに詰まっているため、企業が伝えたい情報の概要を短時間で把握することが可能である。
携帯性 オンラインでなければ閲覧ができない。
外出先において自社や他社を紹介する際に、WEBサイトの多数のページを見せるには限界がある。
必要な時にすぐに取り出して利用することができる。
見つけやすさ 目的の企業が明確であれば、該当企業WEBサイトへは企業名検索でたどり着けるが、あるテーマから該当の企業を探す場合には、検索方法の巧拙による。また、検索結果はテキストが主体の結果であるためイメージしにくい上に、関係ない情報も多数紛れ込んでいる。 そもそも会社案内が集積されている場がないため、そこから目的の企業を探すという行為自体が存在しない。

上記のようにWEBサイトと会社案内パンフレットは、特性と利用目的、利用シーンが異なるために多くの会社で併用されています。WEBサイトは会社案内パンフレットの代用にはならないのです。

PINOKIOOに掲載されるデジタル会社案内は、会社案内の特性を踏襲しつつデジタル化、ポータル化、アプリ化により更なるメリットを提供しています。

PINOKIOO掲載のデジタル会社案内
主な役割 限られた短い時間の中で、閲覧者が必要とする情報、会社が伝えたい情報をコンパクトに伝え、あらゆるビジネスシーンでのきっかけづくりをする。(会社案内パンフレットと同様)
情報量
情報の一覧性
限られたページ数にその企業が伝えたい情報がコンパクトに詰まっているため、企業が伝えたい情報の概要を短時間で把握することが可能である。(会社案内パンフレットと同様)
また、デジタル版の特性を活かして動画や音声などを組み合わせることによって、より豊かな表現ができる。
※動画・音声などのコンテンツ利用は次期機能拡張時の採用予定です。
携帯性 タブレットPCやスマートフォンからの閲覧が可能であるため携帯性に優れている。紙媒体の会社案内パンフレットの持ち歩きが不要である。
また、一度ダウンロードしたデジタル会社案内は、オフラインでの閲覧が可能でありインターネット環境を必ずしも必要としない。
※アプリ版の機能。
見つけやすさ 多くの企業の会社案内パンフレットを業種、エリア、テーマ、キーワードなどで検索ができ、検索結果がグラフィカルに一覧でき具体的にイメージがしやすい。
PINOKIOOは会社案内の“キュレーター”としての役割を果たします。
PINOKIOO PC版 プレオープン!